LINE公式アカウントを自動化!拡張ツールを導入する3つのメリット

ロイヤルカスタマー育成

LINE公式アカウントを活用してきたけれども、最近手が回らなくなってきた…
そう思うことはありませんか?

  • 友だちが増えたけれども、ブロックも増えてきた
  • 個別の問い合わせが増えてきて、返信しきれない
  • 全配信をすると、すぐに無料配信通数を超えてしまう
  • アカウントを1人で管理しているけれども、見切れないことが増えてきた

1つでも当てはまった方は、LINE公式アカウントの自動化ツールを導入するタイミングと言えるでしょう。

では、自動化ツールを導入すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

本記事では、自動化ツールの導入後のメリットや具体的な事例 をご紹介します。

このような方におすすめ
  1. 自動化ツールを導入しようか迷っている方
  2. 自動化ツールを導入するタイミングがよくわからない方
  3. 自動化ツールの導入に不安な方

ぜひご覧ください。

LINE公式アカウントの自動化ツールを導入する理由とは?

LINE公式アカウントの自動化ツールを導入する理由は、LINEによるマーケティング活動を、より簡単かつ効率的に行うためです。

たとえば、1000人以上の友だちに対して、個別にメッセージをカスタマイズし、指定時間に配信するのは至難の技ですよね…
さらに、新規の友だち登録の促進やコンテンツ作りなど、やるべきことが多いのが実情です。

そこで、簡単かつ効率的にLINEマーケティングを行うために、LINE公式アカウントの自動化ツールを導入するのはどうでしょうか?

今までは担当者の頑張りで運用してきたものの、今後もLINEの友だち登録者が増えれば苦しくなるのが目に見えています。
だからこそ、今のうちから自動化ツールの導入を検討し、備えておくと良いでしょう

LINE公式アカウントの自動化ツールを導入する3つのメリット

LINE公式アカウントの自動化ツールを導入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットは以下の3つです。

  1. 運用の手間が削減できる
  2. 効果測定と改善速度が向上する
  3. 顧客情報の管理・活用ができる

順番に見ていきましょう。

運用の手間が削減できる

NE公式アカウントの自動化ツールを導入すれば、運用の手間が大幅に削減できます。

たとえば

  • 決めた時間にメッセージを自動配信する
  • 友だちのアクションに応じてメッセージを自動配信する
  • イベントから逆算し、設定した日時にメッセージを自動配信する

このように、LINE公式アカウントの自動化ツールを導入すれば、友だちへのメッセージ配信が自動化できます。

友だち登録が100人、1000人と増えてくると、LINEの運用に時間がとられるようになってきます。
当然、お客様からのメッセージに1件1件手動では対応できず、LINEの運用担当者に負荷がかかることに。

そこで、LINE公式アカウントの自動化ツールを導入し、担当者の負担軽減を実現しましょう。

自動化できる機能
  1. 決めた時間にメッセージを自動配信する
  2. 友だちのアクションに応じてメッセージを自動配信する
  3. イベントから逆算し、設定した日時にメッセージを自動配信する

このように、LINE公式アカウントの自動化ツールを導入すれば、友だちへのメッセージ配信が自動化できます。

「自動配信だったら、LINE公式アカウントでもできるのでは?」

もしそう思ったら、こちらの記事をご覧ください。
LINE公式アカウントとの違いや、自動化ツールの導入で実現できることを詳しく解説しています。

効果測定と改善速度が向上する

LINE公式アカウントの自動化ツールを導入すれば、効果測定と改善速度が向上します。

たとえば、LINEでメッセージを送付しても、

  • 未読が多い
  • 既読になってもリンクをタップされない
  • ブロックされてしまう

このような残念な反応が起きてしまうことはありませんか?

せっかくメッセージを送付しても、読まれなければ意味がありません。
しかし、どこに課題があるのかがわからなければ改善はできないため、もどかしい状況に。

そこで、効果測定が簡単にできる、LINE公式アカウントの自動化ツールの導入を検討しましょう。

LINE公式アカウントの自動化ツールはメッセージを自動配信するだけではなく、検証ツールとしても活用 できるのです。


【例】実施した施策の効果測定と改善を以下のように行います。

現状 メッセージに記載してあるリンクをタップしてもらえない

検証(自動化ツールの活用)

リンクの遷移率と開封状況を確認する

改善対応(自動化ツールの活用)

メッセージが文字の羅列になっているため、読まれていないと推測。

そのため、下記のように表現方法を変更する。

  • 画像を使ったリッチメッセージ
  • 答えやすい参加型のアンケート方式
  • 豊富なバリエーションを伝えるカルーセル方式

このように、LINE公式アカウントの自動化ツールを導入により、検証・改善対応を迅速に繰り返せるため、業務品質の向上にもつながるでしょう。

顧客情報の管理・活用ができる

LINE公式アカウントの自動化ツールを導入すれば、顧客情報の管理ができるようになります。

管理すべき顧客情報が少ないうちは、エクセルでも管理が可能ですが、セキュリティなどの面に不安があります。かといって、大規模なシステム導入はちょっとためらってしまいます。

  • 将来的に顧客情報が増えてきた時に、どのように管理すべきか。
  • 膨大な顧客情報をどのように活用すべきか。

悩んでしまいませんか?

そこで、LINE公式アカウントの自動化ツールを、顧客情報を管理・運用するCRMツールとして活用してみましょう。

CRM(Customer Relationship Management)とは顧客管理を意味し、企業と顧客の関係性を管理するものです。

たとえば、

  • 友だちをメッセージの反応率によって区分する(タグづけ)
  • 区分したセグメントごとに、配信するメッセージを変える
  • 効果検証を行い、さらにメッセージの内容を改善する

このように、友だち登録をしたお客様に対して、全員同じメッセージを配信するのではなく、お客様の属性や興味関心に応じたメッセージの配信を行うのです。

お客様には毎日多くのLINEメッセージが届きます。

その中で、

  • お客様の興味関心が強いコンテンツ
  • 役に立つ情報が多いコンテンツ
  • 読んでいて意味があるコンテンツ

このようなコンテンツしか読んでもらえないでしょう。

画一的なメッセージが届くのではなく、自分が興味関心のあるメッセージが届くようになれば、お客様と自社との関係性は徐々に深まります。

LINEでのメッセージを通じて、

  • 自社の商品やサービスを継続的に利用するファンになってもらう
  • 友人に紹介したくなるくらいロイヤルカスタマーになってもらう

このような状態を目指してコンテンツを配信していきましょう。

「あれ?ファンとロイヤルカスタマーは何が違うのかな?」

そう思った方はこちらの記事をご覧ください。

ロイヤルカスタマーの意味や、お客様をロイヤルカスタマーへ導く方法が学べる記事ですので、日々のコンテンツ作成の参考になるはずです。

まとめ

本記事では、LINE公式アカウントの自動化ツールを導入するメリットを3つ解説しました。

自動化ツールを導入するメリット
  1. 運用の手間が削減できる
  2. 効果測定と改善速度が向上する
  3. 顧客情報の管理・活用ができる

1)LINE公式アカウントの自動化ツールという名前の通り、自動配信によってLINE運用の手間を削減できるのは大きな魅力です。

2)簡単に配信したメッセージの効果検証ができるため、改善行動につなげやすく、業務品質の向上につながることも解説しました。

3)CRMツールとして顧客情報を活用し、お客様にあったコンテンツの配信ができることもお伝えしました。

今までLINE公式アカウントを運用し、コツコツと友だちを増やし、多くのお客様から読まれるコンテンツを配信し続けてきた努力と結果は素晴らしいことです。一方で、運営や顧客対応に手間がかかるようになり、コンテンツ作成以外に時間をとられてしまっているかもしれません。

そんな時は、そろそろLINE公式アカウントの自動化ツールを導入すべきタイミングと言えるでしょう。

LINE公式アカウントの自動化ツールで代表的なLOYCUS(ロイカス)であれば、今回解説した3つのメリットが全て実現できます。

LOYCUの特徴
  • コンテンツの作成や配信設定、配信後の検証などいずれもシンプルでわかりやすい管理画面
  • 運用サポートつきで、導入後も安心

そして、今なら30日間無料でお試し利用が可能なので、自動化ツールの導入を少しでも検討したならば申し込んでみましょう。

30日間の無料お試しはこちらから申し込みができます。

なお、無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないのもうれしいですね。
LINE公式アカウントの自動化ツールがどのようなものかを体験できる良い機会ですので、見逃さないように活用しましょう。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP