F2転換とは何か?計算式や目安を解説

DX

ネット通販の売上がなかなか上がらない…

そんな時はF2転換に課題があるかもしれません。

・F2転換とはどういう意味?

・F2転換を高めるにはどうしたら良いの?

・F2転換がなかなか上がらず、困っている

本記事では、F2転換の意味や計算方法に加え、F2転換を高める施策について解説しています。F2転換を高めたいと考えるECサイト店長やスタッフの方は、ぜひ最後までご覧ください。

F2転換とは何か?

F2転換とは、初めて商品を購入した顧客のうち、2回目の購入につながった顧客の割合を示す指標です。単語を分解してみると、

 F: Frequencyの略で購入頻度のこと

 2: 購入回数のこと。2回目の意味

 転換: 来店されたお客様のうち、商品を購入してくれた人数

つまり、2回目の購入につながった数を表しています。F2転換が高ければ、商品やサービスに満足し、2回目の購入につながったと理解できます。

F2転換の計算方法

F2転換は下記の計算式で求められます。

 2回目の購入者数 ÷ 新規顧客数 = F2転換

たとえば、2回目の購入者数が30人。新規顧客数が100人の場合、

 2回目の購入者数 30人 ÷ 新規顧客数 100人 = F2転換30人

と計算できます。

F2転換率の目安と平均値

F2転換率はどれくらいが目安なのでしょうか?

代表的な業界の平均値をご紹介します。

業界F2転換率
アパレル20〜35%
化粧品・健康食品20〜30%
消耗品・生活用品40〜50%

業界の中でも、取り扱う商品やサービスによってF2転換率が異なるため、あくまでも目安として捉えると良いでしょう。

F2転換を重視する理由

F2転換率は通販サイトの運営において、なぜ重要なのでしょうか。

理由は、

  1. 商品やサービスの改善につながる
  2. 事業の収益性が高まる

順番に見ていきましょう。

1. 商品やサービスの改善につながる

F2転換を指標とし、商品やサービスの改善につなげましょう。

F2転換が低ければ、リピート購入につながっていないことを示しています。初回購入時の顧客体験が良ければ、自然に次の購入につながるはずです。

そのため、お客様とのタッチポイントを振り返り、顧客体験がどこで形成されているかを確認し改善しましょう。

2. 事業の収益性が高まる

F2転換率が高まると、事業の収益性が向上します。

理由は、

  • 投下した広告費が回収できる
  • 顧客が継続的に購入してくれる
  • ファンになった顧客が新規顧客を呼んでくれる

いずれも事業の収益性を高める効果があります。

F2転換を高める3つの施策

F2転換を具体的に高めるには、どのような施策を打てば良いのでしょうか?

  1. 魅力的な商品やサービスを用意する
  2. セグメントごとに適切なタイミングでオファーを出す
  3. 継続的な顧客フォローを行う

順番に解説していきましょう。

1. 魅力的な商品やサービスを用意する

本質的に、商品やサービスを魅力的に磨き上げましょう。問題解決や顧客満足につながる商品やサービスであることが何よりも重要です。

2. セグメントごとに適切なタイミングでオファーを出す

初回購入者を購入時期や内容、単価などでセグメントしましょう。

とはいえ、様々なお客様をセグメントするだけでも一仕事。そこで、ユーザ情報を絞り込んで配信できる機能が備わっている、LOYCUS(ロイカス)があなたをサポートしてくれるでしょう。

LOYCUS(ロイカス)はLINEで友達になっているお客様に対し、タグをつける事で自由にカテゴライズが可能。お客様にあった最適な情報を届けやすくなります。

次に、セグメントごとに購入のオファーを出しましょう。

お客様がリピートするタイミングを把握し、適切なタイミングでオファーを出すことが重要。ここでもLOYCUS(ロイカス)が大活躍です。

また、「シナリオ配信機能」を使うことで、指定の時刻や経過時間などのタイミングで、自動配信が可能。あらかじめ作成しておいたお客様にあった内容を、自動配信してくれます。

3. 継続的な顧客フォローを行う

F2転換率を高めるためには、初回購入時の顧客満足を高めつつ、購入後のアフターフォローが欠かせません。

LOYCUS(ロイカス)であれば、何かお客様から問い合わせがあった場合でも、自動応答が可能。お客様からの問い合わせに対してスタッフが常時対応することなく、自動化によるリアルタイムな返信ができます。

まとめ

F2転換は初めて商品を購入した顧客のうち、2回目の購入につながった顧客の人数でした。

F2転換を管理することで、商品やサービスを改善するきっかけとなり、企業の収益性を高める取り組みにつながるでしょう。

しかし、ネット通販の店舗を運営しつつ、手間がかかる顧客管理を行うのは難しいこと。

そこで、LOYCUS(ロイカス)を使い、お客様にあった内容をタイミングよく配信すると良いでしょう。

しかも、今なら月額費用が14日間無料。

もし、自社ですでに運用しているLINEがあれば、カンタンに友達の移行が可能ですので、まずは無料で試してみるのも一考です。

わずか3分でカンタンに登録できるLOYCUS(ロイカス)のお申し込みはこちらから。

F2転換率を高める施策として、まずは実施してみましょう。

この記事を書いた人

田中 ひでのぶ

ネットショップ店長出身のWebライター。3児の子育てに奮闘しながらWebサイトのコンテンツを作成しています。ネットショップにまつわる苦労や改善策を執筆し、誰かの役に立てればうれしいです。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP