クラウド型CRMサービスを利用して業務効率をアップさせよう!導入後の具体的な効果について徹底解説!

CRM

みなさんは、クラウド型CRMを使用していますでしょうか。

クラウド型CRMと聞いてもあまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これらのツールを導入することによって、業務効率を格段にアップさせることができるのです。

本記事では、クラウド型CRMについてご説明したいと思います。

クラウド型CRMとは

CRMとは、経営戦略の1つとして認識されている「Customer Relationship Management(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)」の略語となっており、直訳すると「顧客関係性管理」となります。

クラウド型CRMとは、アプリケーション自体がインターネットにおいて構築されており、搭載されている各種機能がインターネットを介して利用することができるCRMになのです。そのため、利用シーンが限定されることがなく、インターネット環境が整っている環境下であればどこでも利用することができます。

クラウド型CRMを導入することによる具体的な効果とは

クラウド型CRMを導入することによって具体的な効果とはどのようなものがあるのでしょうか。

ここからは、クラウド型CRMの具体的な効果についてご説明したいと思います。

顧客情報管理機能

自社と取引実績の顧客をデータ管理することができます。顧客の会社情報・担当者名・過去の取引経過などを関連付けることができます。また、顧客と折衝中の場合においては進捗状況・成約確度などについても管理することができます。

また、これらの情報はやみくもに管理されるだけではなく、各種ステータス分類されることによって整理され、検索機能によって速やかに情報を抽出することが可能です。

メール配信機能

これまでの手法では、メルマガを送っても開封してもらえない・迷惑メールフォルダに入ってしまう・顧客ごとに最適なコンテンツが送れないなどといった事象によって効果的に情報展開ができないことも多くなっていました。

しかし、LINEなどを使用したクラウド型CRMであればユーザ情報を絞り込んで配信できる機能で、その人に合った情報を送ることが可能です。また、あらかじめ用意しておいた内容をユーザの行動に応じてステップ配信できる機能もありますので、効果的な情報展開が可能となります。

クラウド型CRMを導入しましょう! 

ここまで、クラウド型CRMについてご説明をさせて頂きました。

クラウド型CRMはたくさん種類がありますので、どのツールを導入すれば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

そんな時におすすめなのが、LOYCUSです。LOYCUSを導入することにより期待できる具体的な効果は次のとおりです。

  1. ユーザーは、興味ある情報だけを最適なタイミングで受け取ることが可能
  2. 企業は、開封率と売上がアップして、自動化で簡単に配信することが可能

このように、LOYCUSを導入することによって業務効率をアップさせることができるのです。

今後、クラウド型CRMの導入を検討されておられる方にとって、本記事が少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

この記事を書いた人

Pooh

現在、主婦業をしているかたわら、webライターとして執筆活動をしています。主婦業に着く前は、大手コンサルにて技術者として活躍しておりましたので、理系女ならではの記事を執筆したいと考えています。当時の経験で得た知識や知見などを全く違う分野に展開しながら、目新しい執筆ができるようにと心がけています。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP