メールマーケティングを成功させるCRMツールの活用方法とは?

CRM

CRMの普及に伴い、近年ではメールマーケティングにもCRMを活用しようとする流れが出てきています。
メールマーケティングは各企業で多く取り入られている手法になりますが、配信内容に課題があったり、なかなか成果が出ないケースも多いのではないでしょうか?

メールマーケティングにCRMを活用することで、より効率的かつ効果的にメールマーケティングを行うことが可能です。

そこで今回はメールマーケティングを成功させるCRMツールの活用方法について解説していきます。
メールマーケティングを行っているけれどもなかなか成果が上がらずに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

メールマーケティングとは?

メールマーケティングとは、メルマガに代表されるような、Eメールを活用することにより顧客とコミュニケーションをとっていく中で、見込み客や既存顧客との関係性を強化していくマーケティング手法のことです。

メールマーケティングを行うことで以下のようなメリットがあります。

  • DMやチラシといった紙媒体よりも低コストに実施できる。
  • 配信内容をカスタマイズすることにより、各個人に合った内容のメール配信を実施でき、高い効果が期待できる。
  • メール配信システムを活用すれば、開封率や本文記載のURLクリック率などデータ収集を行う事ができ、メール配信の改善ができる。

メールマーケティングを活用することで、紙媒体のDMやチラシと比べても高い成果を上げることが期待できます。

一方で以下のようなデメリットもあります。

⦁ 常にメールの配信内容を考え続ける必要がある。
⦁ メールの配信内容や配信タイミングなどを定期的に改善し、成果を高めていくような運用スキルが求められる。

通常のDMやチラシと比べて、メール配信の設定など多くの手間がかかります。
また、メールマーケティングは常に新しい手法が出てきているため、定期的にインプットを行い実践していくなど、運用スキルを高めることが求められます。

メールマーケティングにCRMツールを活用する意義

CRMツールをメールマーケティングに活用することで、以下のメリットが期待できます。

  • 顧客満足度を向上させる
  • メールの開封率の向上
  • 離脱顧客を防ぐ
  • リピート率の向上
  • メールが確実に届く

顧客満足度を向上させる

CRMツールを活用することにより、メールの配信をより最適なタイミングで行うことができたり、CRMツールに登録した顧客情報をもとに、最適な内容のメールを配信できるため、顧客のコンテンツに対する満足度をより向上させることができます。

メールの開封率の向上

メールマーケティングにおいて、成果に大きく影響する要素のひとつにメールの開封率があります。

実はメルマガのようなタイプのメールは、送信されても大半が開封されないと言われています。
なぜかというと、多くの企業から大量にメールを受け取っているため、自身に必要な情報に気づくことができないためです。

CRMツールを活用することにより、顧客情報に基づき、顧客ニーズを満たす最適なメールを配信することができるため、必要な情報を顧客に届けることができ、メールの開封率を向上させることができます。

離脱顧客を防ぐ

顧客満足度が低くなると結果としてユーザーの離脱が多くなってしまいます。
特に長期的な取引を行うことでユーザーから収益を得るタイプのビジネスモデルでは、いかに離脱顧客を防ぐかが重要になってきます。

CRMツールを活用することにより、メール配信の自動化を行うことができます。
新商品やキャンペーンの情報などを配信漏れなくユーザーに到達させることができるため、安定して定期的な接触回数を増やすことにより、離脱顧客を防ぐことができるでしょう。

リピート率の向上

CRMツールを活用したメールマーケティングでは、リピート率をより向上させることができます。

定期的なメール配信を行うことにより、一度接点を持った顧客が新商品やキャンペーンの情報などを定期的に入手することができるため、ユーザーに対してリピートする理由を与えることができます。

メールが確実に届く

メールを確実に届けることができる点も、CRMツールを活用する大きなメリットとなります。

多くの企業が発行するメルマガは、迷惑フォルダーに入ってしまったり、既に使われていないメールアドレスに配信を続けてたりしてしまうなど、無駄な配信が増えてしまいがちです。

CRMツールを活用すれば、メールが配信できているかどうかも確認がしやすくなるため、上記のミスを減らすことができ、メールマーケティングの効果を高めることに貢献できるでしょう。

CRMツールを活用したメールマーケティングの流れ

ここからはCRMツールを活用したメールマーケティングの流れについて解説していきます。

顧客データの収集

CRMツールでは、はじめに顧客データの収集管理を行います。

顧客の名前や性別といった基本的な情報はもちろんのこと、どのような商品・サービスをどういうタイミングで利用したかや、ポイントの取得や利用履歴など顧客の購買行動に関わるデータなどなるべく多く集めましょう。

データ分析

顧客データの収集を終えたら続いてデータ分析に入ります。

CRMツールの機能を利用することで、顧客の購買行動や属性情報などをグルーピングすることができます。
グルーピングを行い、どういった顧客にどのような配信内容が効果的なのかを浮き彫りにし、メールの配信内容を決定していきます。

分析に基づくメールの配信

データ分析を終えたら、分析結果をもとにグループ別に最適化したメールの配信を行っていきます。

CRMツールでは、どのようなタイミングでメールが開封され、メールに対して顧客はどのような行動を行ったかといったような分析も可能となります。

メール配信後に上記のようなデータも分析し、配信内容の改善を行っていきます。

メール配信の自動化

メール配信までを終えたら、最後にメール配信の自動化を行います。

例えば、イベントやキャンペーンに参加した顧客に対するサンクスメールや、商品サービス購入後のフォローメールなどは、手動で行うと非常に工数のかかる作業です。

CRMを活用すれば、 指定したタイミングでメールを配信する自動化を行うことができるため、各メールのタイミングを指定し、自動化を行いましょう。

自動化を行うことで、メールの配信漏れを防ぐこともできるため、よりメールマーケティングの成果を高めることができます。

メールマーケティングにおけるCRMツール活用事例

ここでは実際にメールマーケティングにCRMツールを活用した事例を紹介していきます。

タビオ株式会社

タビオ株式会社は靴下専門店ブランドを展開する靴下の老舗専門店です。

タビオ株式会社ではECサイトを運営しており、リピート率の向上を目的としてメールマーケティングを実施していましたが、従来のメール配信システムでは、なかなか成果が上がっていませんでした。

CRMツールを導入することにより、自社が保有している顧客データをCRMツール上に登録し、顧客がどのような商品を購入しているのかを分析してメール配信内容を決定することで、より顧客に刺さるメールコンテンツを作成する事ができました。

このことで、メールの開封率やクリック率が向上し、購入金額の向上にも繋がりました。

株式会社NTTスマイルエナジー

株式会社NTTスマイルエナジーでは、「エコめがね」と言う「通信」と「制御」を活用した省エネや再生可能エネルギーの利用促進に向けたサービスを提供しています。

顧客から「発電量など結果はメールで通知してほしい」という意見をもらったことで、発電状況や電力消費量を知らせる「お知らせメール」の運用を開始しました。

このお知らせメールを配信するにあたり、CRMツールを導入することで、それぞれの顧客の発電状況に合わせて、定期的にメール配信を行うことが可能となり、既存顧客とのリレーション強化に貢献しています。

まとめ

メールマーケティングを成功させる上で、CRMツールは非常に多くのメリットがあります。

手動管理だけでは難しかった、最適なタイミングや内容でメールを配信することができるため、顧客との関係性の強化や売上の向上につなげることができます。

メールマーケティングの成果で悩んでいる方は、一度CRMツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

H.F

東京在住のWEBライター。
大学を卒業後、新卒にて製薬会社にて8年間勤務し、MRとして活動を行う。その後、WEBマーケティング会社に転職し、WEB広告運用など企業のマーケティング支援を行う。
現在は医療関係やマーケティング関係の知識を活かしてWEBメディアを中心に執筆活動を行う。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP