「CRMマーケティングとは?メリットやデメリットを詳しく解説!」

CRM

皆さんはCRMを知っていますか。CRMとはカスタマーリレーションシップマネージメントの略で、「顧客関係管理する」という意味合いを持ちます。この記事では、CRMマネージメントについて、具体的な戦略や事例を挙げながら説明します。

CRMマーケティングとは

CRMは顧客関係管理のことをいいますが、新規顧客や優良顧客の獲得を目的とした営業の一種です。CRMマーケティングでは顧客との関係性を目極めてから管理を行います。つまり、一人ひとりの顧客のことを理解した上でマーケティングするのです。顧客との関係を保つために、年齢や地域、職業、性別などの情報を管理したり、個別にコミュニケーションを取ったりします。特に、顧客とのコミュニケーションは非常に重要です。

顧客関係管理する方法

CRMマネージメントで顧客関係管理するときは、ITツールを使います。CRMは一般的に顧客管理システムというITツールを指すことが多く、ITツールを用いることで顧客管理を効率的に行えます。

ITツールを用いるメリットは、コミニュケーションに力を入れられることです。顧客管理は、顧客の数が多ければ多いほど管理するのが難しくなります。顧客の管理に時間を取られてしまうと、コミュニケーションに当てる時間が減るので、ITツールで効率よく管理してコミュニケーションを重視できるのです。

CRMマーケティングのメリット・デメリット

これから、CRMマーケティングのメリットとデメリットを説明します。

CRMマーケティングのメリット

顧客の満足度が上がる

CRMマーケティングをすることで顧客の満足度が上がりやすくなります。顧客の情報が全てツールにて管理されるので、システム上で顧客情報が可視化されます。そのため、顧客情報のデータ化や社内での情報共有が可能で、顧客の現状改善に繋がるのです。

業務を効率化できる

CRMを用いることで、顧客の情報管理がしやすくなるので、業務を効率化できます。効率化することで作業する人の負担が軽くなり、顧客への時間が増えるので大きなメリットが得られるのです。

経営の役に立つ

CRMには顧客の情報だけでなく、幅広い情報が入っています。膨大な情報がCRMによって可視化されるので、企業の経営に関わる情報まで全て見直せます。

CRMマーケティングのデメリット

導入費用がかかる

CRMを導入するときは、初期費用や月額費用が発生します。特に、会社のサーバーにインストールするときは、初期費用が高くなりがちです。とはいえ、低コストで運用できるソフトもたくさんあります。

まとめ

CRMは顧客関係管理のことをいい、CRMを導入することで、業務の効率化ができたり、顧客の満足度を上げられたり、企業戦略に役立てられたり様々なメリットがあります。

しかし、CRMには様々な種類のツールがあるので、どれを選べば良いか迷うでしょう。この記事では、初期費用が少なく低コストで運用できるクラウド型CRM「LOYCUS」をおすすめします。メルマガをLINE上で配信するなど、様々な方法でコンテンツ配信ができ、3つのプランがあるので用途に合わせて好きに選べます。

ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人

野田 愛菜

ライター歴3年の野田愛菜です。ITや就活系の記事を中心に書いており、法律系の記事も得意です。趣味は読書で小説を中心に幅広く読んでいます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP