D2Cマーケティングとは?SNSを活用するならLOYCUS(ロイカス)

CRMトレンド

近年、注目を集めているD2Cというビジネスモデルをご存じでしょうか?
D2Cとは、インターネットやスマートフォンの普及にともないECコマースが拡大し、海外や国内で需要が伸びている新しいビジネスモデルです。
この記事では、D2Cとは何か・SNSを活用する重要性を解説します。

D2Cとは?

D2Cとは「Direct to Consumer」の略で、ブランドやメーカーなどが自社で企画・製造した商品を消費者に直接販売する仕組みです。IT企業などでは、すでに自社で開発した商品やサービスなどをWeb上で提供する方法が一般的です。しかし、D2Cは生活用品やアパレル・化粧品などの実体がある製品を扱います。

それでは、DC2にはどのような効果があるのか見てみましょう。

顧客ニーズに合った商品開発ができる

B2C(Business to Customer)などの一般的な販売方法は、小売店を経由して商品を販売しています。
企業と消費者の間に小売店が入ると、企業は販売している商品をどのような人が、どのような目的で購入するのか確認しづらいです。しかし、D2Cは自社のECサイトを通じて消費者と直接取引できます。
D2Cでは、顧客の属性や購入履歴、EC内での動きなどの情報を収集し、ペルソナを意識した商品開発や改善が可能です。

リピーターを獲得しやすい

ECモール(ショッピングサイト)では、売り手と買い手は反対側の位置にいますが、D2Cでは消費者を企業の仲間として捉えることができます。ECサイトを訪問する消費者は、商品や企業に対して興味を持っていると想定できるでしょう。つまり、ECサイトの構成や展開次第では、商品や企業に対して愛着を持つ仲間にすることが可能です。
D2Cでは、商品を購入するだけの消費者から、リピーターやファンへと育てることができます。

D2CマーケティングにSNS運用が重要な理由

D2Cマーケティングでは、顧客・ファンの支持や信頼をどれだけ獲得できるかが非常に重要です。
企業が消費者の悩みや不満をどのようにして解決できるのかを、積極的に情報発信することでファンの獲得につながります。シェアや共感性に重きを置く価値観を持ったデジタルネイティブ世代にとって、SNSはなじみが深く、SNS運用はDC2ブランドの理念やストーリーを届ける最適な方法です。
SNSを利用すると、企業と消費者が直接的にコミュニケーションが取れて、利用者の反応を把握し、ニーズに合った製品を最適なタイミングで提供できます。

D2CのSNSマーケティングならLOYCUS(ロイカス)がおすすめ

D2CでSNSを活用する場合、FacebookやInstagram、TwitterやLINEなどのプラットフォームを利用します。
なかでも、利用者が多く馴染み深いLINEを活用する場合は、LOYCUS(ロイカス)がおすすめです。
LOYCUSは、シナリオ配信やセグメント配信、自動対応といった企業のSNSマーケティングをサポートします。サーバーはAmazon Web Serviceを利用したセキュアな配信環境を提供し、14日間無料でご利用をスタートできるため、初めてSNS運用をおこなう方でも安心です。

この記事を書いた人

YUGA

WebライターのYUGAと申します。歳は21で、男性です。18歳から2年間、飲食店で正社員として働き、退職後はフリーランスとして活動しています。現在は主に、DX・M&A・金融に関する記事を作成しています。僕の長所であり武器は、若さ・明るさ・ポジティブ思考・ユニークさです。よろしくお願いいたします。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP