LINE公式アカウントの自動化ツールLOYCUS(ロイカス)を導入する5つのメリット

CRM

LINE公式アカウントを運用していて、以下のようなことはありませんか?

  • 最近、LINEのメッセージを送っても反応が悪い
  • ブロックされてしまうことが増えてきた
  • 友だち登録後すぐに離脱されてしまう

これまでLINEを運用し、友だちを少しずつ増やしてきたはず。

しかし、徐々にコンテンツのネタがなくなり、配信が作業のようになっていませんか?
また、友だちの人数が増えすぎて、お客様の管理がおざなりになっていませんか?

そこで導入を検討したいのが、LINE公式アカウントの自動化ツールである、LOYCUS(ロイカスです。

LOYCUS(ロイカス)であれば、

  • 良質なコンテンツを作るために欠かせない、メッセージの効果検証
  • LINE運用の負担を減らせる、メッセージの自動配信
  • 配信すべきターゲットを絞り込める、友だちのタグ付け機能

上記の機能が充実しているため、LINEの運用にかかる時間を短縮しつつ、より質の高いコンテンツ作りができます。

結果として、魅力的なコンテンツに惹かれるファンが増えるため、顧客育成の効果も期待できます。

こんな方におすすめ!
  • せっかく自動化ツールを導入するなら、良いものを選びたい
  • LINE運用担当者の負担を軽くしてあげたい
  • お客様に良いコンテンツを届けたい
  • ファンやロイヤルカスタマーを増やしたい

本記事では、LOYCUS(ロイカス)を導入するメリットを5つ 解説します。
LINE公式アカウントの運用に対して、ちょっと限界を感じている方にこそ読んでいただきたい記事です。ぜひ最後までご覧ください。

LINE公式アカウントの自動化ツールLOYCUS(ロイカス)とは?

LINE公式アカウントの自動化ツールとは、今使っているLINEアカウントをより効果的に活用するためのツールです。

記事の冒頭で示した状況を、もう一度見てみましょう。

  • 最近、LINEのメッセージを送っても反応が悪い
  • ブロックされてしまうことが増えてきた
  • 友だち登録後すぐに離脱されてしまう

これらの症状は、お客様にあったコンテンツが配信できていない可能性が高いことを示します。

なぜならば、

「メッセージを読んでも役に立たない」

このようにお客様に思われているからです。

お客様には毎日大量のLINEメッセージが届きます。
その中で継続して読んでもらうためには、読んでいて役に立つ情報を配信しなければなりません。

そのためには、お客様にあったコンテンツを作り、適切なタイミングで配信する必要があります。

  • 「でも、たくさんの友だちに対して、1人1人にあったコンテンツなんて作れないよ…」
  • 「最適なタイミングって、いつがいいんだろう?」

こんな疑問に応えられるのが、LINE公式アカウントの自動化ツールである、LOYCUS(ロイカス)です。

LOYCUSの充実した機能
  1. 良質なコンテンツを作るために欠かせないメッセージの効果検証
  2. LINE運用の負担を減らせるメッセージの自動配信
  3. 配信すべきターゲットを絞り込める友だちのタグ付け機能


1.LINEメッセージをやみくもに配信し続けるのではなく、メッセージの効果を検証し、お客様にあったコンテンツを作成すること。

2.自動配信を使えば、運用担当者の負担軽減が可能です。

3.友だちのタグ付け機能を使えば、友だちの登録経路や属性、メッセージの反応結果に即した区分けが可能。

<役立ち>
特定のセグメントに対しての限定クーポンや、割引サービスの配布など、お客様に対しての特別感を演出するのに役立ちます。

LOYCUS(ロイカス)の導入により、

  • メッセージの自動配信やシナリオメールの配信などのMAツール
  • 顧客管理と活用を行うCRMツール

この2つを同時に取り入れられる機会と捉えられるでしょう。

LINE公式アカウントの自動化ツールLOYCUS(ロイカス)を導入する5つのメリット

ここからは、LINE公式アカウントの自動化ツールである、LOYCUS(ロイカス)を導入するメリットを、より詳しく解説していきます。

  • 「LOYCUS(ロイカス)をわざわざ導入する必要があるのかな?」
  • 「LINE公式アカウントだけでも十分じゃないのかな?」

そう思っている方こそ、読み進めてみてくださいね。

LOYCUS(ロイカス)を導入するメリットは以下の5つです。

  1. 決めた時間に自動で配信(ステップ配信・リマインダ配信)
  2. 配信内容を簡単に管理(メッセージテンプレート)
  3. お客様ごとにメッセージを配信(シナリオ設定)
  4. 効果が高い配信先を選定(友だちタグ付け・経路分析)
  5. メッセージの効果検証ができる(アクセス測定)

順番に見ていきましょう。

お客様に決めた時間に自動で配信(ステップ配信・リマインダ配信)

LOYCUS(ロイカス)を導入するメリットの1つ目は、決めた時間に自動でメッセージが配信できることです。

  • 必要な情報を決めたタイミングで届けるステップ配信
  • 予約登録した日付から逆算して自動配信するリマインダ配信
  • きっかけとなる行動から一定時間後に配信される経過時間配信

LOYCUS(ロイカス)ではこのような設定を簡単に登録できます。

「あれ?LINE公式アカウントにも、同じ機能がついていたはずでは?」

実は違うのです。

LINE公式アカウントでは「友だち登録をした場合にのみ」ステップメールの配信が可能です。

一方、LOYCUS(ロイカス)であれば、

  • 申し込みページを見た人にだけステップメールを配信する
  • 予約設定をした日から逆算して自動配信をする
  • 特定のメッセージを見た人にのみ新しいメッセージを配信する

このように、特定のアクションを行ったお客様に対してのアプローチができます。

ここがLINE公式アカウントとLOYCUS(ロイカス)の大きな違いなのです。より自由度が高く、お客様にあったコンテンツを配信できるのがうれしいですね。

 配信内容を簡単に管理(メッセージテンプレート)

LOYCUS(ロイカス)には、配信内容を簡単に管理するための、メッセージテンプレート機能がついています。

メッセージテンプレート機能とは、メッセージやカルーセル表示の内容をあらかじめ決めておく機能です。

たとえば、

  • 友だち登録がされた時にはAのメッセージ
  • 特定のリンクをタップしてもらった時にはBのメッセージ
  • お問い合わせを受けた時はCのメッセージ

このように、あらかじめメッセージ内容を決めておくことで、メッセージを新規で作成する時間が減り、効率化につながるのです。

そのため、特定のイベント(友だち登録、初回限定クーポンの配布など)をあらかじめ想定しておき、メッセージをテンプレート化しておくと良いでしょう。

お客様ごとにメッセージを配信(シナリオ設定)

LOYCUS(ロイカス)では、お客様にあったシナリオの設定が可能です。

シナリオ設定とは、特定のアクションごとにコンテンツを用意しておき、お客様の反応によって配信する内容を変更するものです。

たとえば、アンケートをお客様に実施し、

  • 返答がYesの場合、詳細な説明ページへ飛ばすURL入りメッセージを表示
  • 返答がNoの場合、件名を変更した同じ内容のメールを送信

このように、お客様の返答内容に応じた対応ができるのがシナリオ設定の特徴です。

一斉送信のLINEメッセージと異なり、お客様の状況に沿ったコンテンツを提供できるため、既読率やメッセージ内のリンクへの遷移率が高まるでしょう。

効果が高い配信先を選定(友だちタグ付け・経路分析)

友だちの人数が増えてきた時に役立つのが、友だちへのタグ付けと経路分析です。
それぞれ解説していきます。

友だちへのタグ付け

友だちへのタグ付けとは、年齢や性別などの基本的な情報や、友だち登録された経路やメッセージへの反応率などに応じて、分類できる機能です

  • 直近1ヶ月間のメッセージに対する既読率が高い友だちをタグ付けし、限定的な情報を配信する
  • 友だち登録後、メッセージを2回連続で未読の友だちをタグ付けし、限定クーポンがあることを件名で伝える


このように、メッセージを一斉配信するのではなく、タグ付けされたセグメントにだけ配信を絞ることで、お客様に合ったコンテンツが配信できるのです。

経路分析

経路分析とは、お客様が友だち登録をどの媒体から行ったのかを検証できるツールです。

友だち登録を促すために、各種SNSや店頭でのポスター掲示など、多くの露出を行っていることでしょう。

しかし実際に、どの媒体から友だち登録が多いかを検証したことはあったでしょうか?
むしろ、検証をしたくともできなかったのが実情かもしれません。

LOYCUS(ロイカス)なら、どの媒体から友だち登録が行われたのか、管理画面ですぐに確認できます。

手順は、友だち登録ができる媒体をあらかじめ登録しておき、あとは対象期間で絞り込むだけ。

効果検証を通じて、友だち登録を促す2次元バーコードの露出先を変更するなど、改善行動につなげましょう。

メッセージの効果検証ができる(アクセス測定)

メッセージの効果検証ができるのも、LOYCUS(ロイカス)を導入するメリットと言えるでしょう。

LOYCUS(ロイカス)であれば、メッセージに記載をしたURLのクリック数が把握できます。

たとえば、資料請求へつながるURLをメッセージで送信する場合、

  • 記載するメッセージによって、クリック率がどれくらい変わるか
  • URLをメッセージのどこに配置すれば、クリック率が高まるのか

このような検証が可能です。

なお、先にお伝えした友だちへのタグ付けと合わせて活用することで、コンテンツの改善をより効果的に進められるでしょう。

まとめ

本記事では、LINE公式アカウントの自動化ツールであるLOYCUS(ロイカス)を導入するメリットを解説しました。

メリットは5つあり、

  1. 決めた時間に自動で配信(ステップ配信・リマインダ配信)
  2. 配信内容を簡単に管理(メッセージテンプレート)
  3. お客様ごとにメッセージを配信(シナリオ分岐)
  4. 効果が高い配信先を選定(友だちタグ付け・経路分析)
  5. メッセージの効果検証ができる(アクセス測定)

このように、自動化ツールであるLOYCUS(ロイカス)を導入することで、LINE公式アカウントだけでは対応できない部分が解決できるのです。

お客様は、LINEで毎日多くのメッセージを受け取っています。

そのためお客様にとって、

  • 役に立つ情報
  • 意味のある情報

このどちらかを配信しなければ、メッセージを読んでいただくのは難しいでしょう。

だからこそ、

ポイント
  1. お客様の属性や友だち登録の経緯を踏まえてタグ付けする
  2. お客様にあったコンテンツを作成する
  3. シナリオやステップに基づいて自動配信をする
  4. 経路分析でクリック率を検証する
  5. さらにコンテンツを改善する

これらを繰り返し実践していくのが重要です。

そのためにはLOYCUS(ロイカス)の導入が最適です。

単にメッセージを配信するのではなく、届けるべきセグメントを設定し、お客様にあったコンテンツを作成する。そして、効果検証とブラッシュアップを行う。

地道な作業ですが、せっかく友だち登録をしてくれたお客様に喜んでいただくには必要な作業なのです。

しかし一方で、LINE運用を行うスタッフの負担軽減も欠かせません。

だからこそ、直感的にストレスなく操作できる管理画面や、自動配信や自動応答など、担当者の負担軽減につながるサポートが充実しているLOYCUS(ロイカス)がおすすめです。

なお、LOYCUS(ロイカス)では、14日間、無料でお試し利用ができます。無料期間中に解約すれば、費用は一切かからないので安心ですね。

ここまでLOYCUS(ロイカス)について解説してきましたが、実際に管理画面を見て触ってみると、より理解が深まるはず。

お客様に最適なコンテンツを提供しつつ、LINE運用の負担を軽減できるLOYCUS(ロイカス)をぜひ体験してみましょう。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP